医師 / 内門 大丈 さん 医師 / 内門 大丈 さん
テーマ 02

新しいことにチャレンジしよう、仲間とともに。

ほどよい距離の人間関係が
長寿と長いお付き合いの秘訣です

  • 医師 / 内門 大丈 さん
  • 私の色(理由:青い空。青い海。やっぱり晴れの日のほうが気分が良いですものね。)

湘南いなほクリニック院長、横浜市立大学医学部臨床准教授。東京都精神医学総合研究所(現東京都医学総合研究所)で神経病理学の研究を行い、2004年より全米屈指の医療機関メイヨークリニックに研究留学。2008年、横浜南共済病院神経科部長に就任。湘南いなほクリニック等での診療に加え、認知症に関する啓発活動、地域コミュニティの活性化に取り組んでいる。

2020年12月取材(神奈川県平塚市)

認知症の診療を始めた頃のことを覚えていますか。

あまりはっきりとは覚えていませんが、最初はご本人にフォーカスするというよりも、ご家族の話を聞くことが多かったように思います。もちろん、ご本人にも声をかけてはいましたが、8割方は、親の介護に熱心な娘さんの訴えを伺い続けるといったことに時間を当てていたのではないでしょうか。

今はどうかというと、基本的にはやはりケースバイケースです。ただ、以前よりも明確に意識していることはあります。おそらく一般の人は認知症を、“ある/なし”の二分法で考えているのではないでしょうか。認知症があると何もわからない。認知症がなければ普通。でも、認知症の診療を長く続けてきて実感したのは、認知症の人の状態はいわゆるスペクトラム(淡いから濃いまで、はっきりした境界のない連続体)であり、グレーの部分がとても多いということです。認知症があってもコミュニケーションがとれる人はたくさんいます。当たり前のことですけれどね。

一方で、認知症がありながら多くのことを理解できて、でもコミュニケーションはあまりとりたくないという人も当然いるわけです。その場合、僕は診察で根掘り葉掘り聞いたりはしていないかもしれない。だからケースバイケース、その人その人に合わせてということです。

以前、一般の人向けの講演を終えたあと、90代の人が僕に声をかけてきました。「私は今まですごく頭を使ってきたから認知症にならなかったのよ」という話でした。
何だろう。それってやはり認知症を“ある/なし”の二分法で捉えているような気がしたんです。おそらくその90代の人も、若い頃に比べたら認知機能は落ちているでしょう。にもかかわらず現在進行中の当事者としての意識が低い。僕自身は20代の頃と今との違いを強く感じています。以前は当たり前にできていたことが今はできない。だから連続した経過の過程にいるという実感があります。

画像
二分法のお話と関連して、認知症と診断されるとその日から
もう何もできなくなると思う人もいるようです。
診断を機に、あたかも脳の状態ががらっと変わってしまうかのように。

実際はそうではないですよね。そうではないことに加えてもう一つ、診断をどう受け止めるかに関しては、臨床診断と病理診断(確定診断)の問題も関係してきます。たとえば、亡くなったあとに脳を直接見てみると、アルツハイマー病の原因物質と考えられている異常なタンパク質(アミロイドβやリン酸化タウ)がたくさんたまっている人がいます。しかし、その人たちの生前には認知症の症状がなかったケースもあるのです。

臨床症状と脳の病理が矛盾する可能性を念頭に置くと、もしかしたら「あなたは何々型認知症です」というよりも、「アミロイドβの数値がこのぐらいです」という説明のほうがしっくりくるのかもしれません。「アミロイドβの数値がやや高いですね。いずれ、もの忘れなどの症状が出てくるかもしれないので気をつけましょう」というかたちで予防対策にもつなげやすいように思います。「血圧が少し高めなので運動するように心がけましょう」とアドバイスするのに近いイメージですね。
あくまで「もしかすると」というレベルの思いつきですし、いずれにせよ、今は主に研究目的で測定しているアミロイドβやリン酸化タウが、日常的な検査で手軽にチェックできるようになってからの話ですが。

現状に話を戻しましょう。脳の異常が必ずしも症状に反映されないのとは逆に、認知症らしき症状があり、画像検査で脳の萎縮などが確認されても、アミロイドβは蓄積していない、つまりアルツハイマー型認知症ではない可能性もあります。だから僕はご本人やご家族に、「臨床診断としてはアルツハイマー型認知症とつけますが、確定診断ではありません。経過をみていきましょう」といった説明をしています。ピンとこない人もいるかもしれません。でもそこまで説明するのが医師として誠実な態度じゃないかと思えるのです。僕の説明がよくわからないながらも、「医者が何か一生懸命、対応しようとしている」と感じてもらえる部分もあるかもしれない。もちろん100%支持されるわけではないでしょうが、僕はそう思います。

画像
ページトップに戻る