認知症の薬物治療

アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症には、進行をゆるやかにすることができる薬があります。アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症の薬は病気の進行の程度によって飲む量が違うので、医師の処方にしたがって正しく飲み続けることが重要です。

(イメージ図)
認知症の薬物治療

アルツハイマー型認知症は進行性の病気なので、たとえ症状に変化が見られなくとも、何も治療しない場合より、症状の進行を遅らせていると考えられます(維持効果)。また、薬を飲んで、いつもと違う状態が続く場合は、主治医に相談してください。

ページトップに戻る