「ブレインヘルス(Brain Health)」とは?

東京大学大学院 医学系研究科 神経内科学 准教授 岩田 淳

認知機能を維持するために

「ブレインヘルス」とは一言で言うと、脳を最大限に活用して機能の衰えを軽減し、健康な状態を保つことです。定期的な運動習慣を身に付け、バランスの良い食事をとり、社会とのつながりを維持し、精神的に活発であり続けるなど、ライフスタイルを大きく変えることで、脳の機能低下を減らせる可能性があります(※1)。
こうした「ブレインヘルス」に良いライフスタイルは、生活習慣病のリスクを減らせる可能性など、身体全体にとっても望ましいものです。自分の「ブレインヘルス」に気を配ることに、早すぎたり遅すぎたりということはありません。
どの年代であっても、健康的な選択をすることは有益です。

1)Fratiglioni L, et al.: Lancet Neurol, 3:343-353, 2004

誰にでも訪れる脳の老化

年を重ねるとともに、身体だけではなく、脳も老化していきます。
個人差は大きいですが、脳の神経細胞の減少、脳の血流の低下といった加齢変化(老化)が、もの忘れや認知機能の低下という症状にあらわれます。認知機能とは理解力や記憶力、判断力などの知的機能のことです。
最近クローズアップされている概念として「軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)」があります。認知機能に低下が見られるものの、まだ日常生活に支障をきたしていない状態を指します。
2012年の時点で、日本だけでも約400万人もの人が該当すると推測されています(※2)。ただし、MCIの疑いがあるとわかっても、その原因はさまざまで、現状が保たれたり、回復したりすることもあるため、それだけで認知症予備軍とはいえません。これまでの研究でも16~41%の人がもともとの健康な状態に戻ったと報告されています(※3)。

※2)認知症対策総合研究事業「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」(H25.5 報告)

※3)認知症疾患診療ガイドライン2017,「認知症疾患診療ガイドライン」作成委員会, p147, 2017, 医学書院

ページトップに戻る