WHO(世界保健機関)が推奨する12の対策

2019 年、WHO(世界保健機関)は、認知機能の低下のリスク低減に向けた初めてのガイドラインを発表しました。
認知機能の低下は、生活習慣の改善等によってリスクを減らすことで予防できるとし、運動や禁煙、栄養、アルコール摂取などの12のテーマをエビデンス、推奨レベル等で提示しています。以下、その抜粋を掲載していますので、ぜひ参考にしてしてください。

ページトップに戻る