認知症のソナエ

将来のこと、考えてみましょう

監修:
医療法人社団 三育会 新宿ヒロクリニック 院長 英 裕雄
中外合同法律事務所 赤羽根 秀宜

これからのこと、いろいろと考えられていると思います。

年を重ねるにつれ、これからの自身の人生を、静かに見つめ直す機会が増えてきます。

老後の生活をどう過ごすのか、想いを巡らせながら、人生設計を立てている方も多いでしょう。
もしも自分が重い病気やケガをしたときにどのような医療や介護を望むのか、エンディングノートなどに書き留めている方もいると思います。
元気なうちから、財産相続の仕方などについて、家族と話し合っておこうという考えも広まっているようです。

そうしたソナエをとおして、「自分で決めた人生を生きたいと願う方々にこそ、目を向けてほしい「もうひとつのソナエ」があります。

ページトップに戻る