認知症かもと感じたら

不安を抱えこまないように受診する
〜認知症かどうかを診断してもらいましょう〜

認知症が心配なとき、どこに行けばいいですか

認知症の診断や治療は「もの忘れ外来」「認知症外来」「神経内科」「精神科」「心療内科」「脳神経外科」「老年病科」などさまざまな診療科で行われています。
認知症は未だ原因も解明されておらず、治療法についても研究が行われている病気です。新たなエビデンスに基づき、治療方法や症状を軽減するケアの方法も日々進化してきています。脳の状態を把握した上で対応策を取ることが、ご本人だけでなく周囲の人の心身、生活を助けることになります。
そのためにも正確な診断を受けることが大切です。
必要に応じ、認知症の専門医の受診も必要ですが、まずはかかりつけ医に相談してみましょう。

かかりつけ医の認知症診断、支援

認知症に関する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人や家族を支援することができるよう、認知症サポート医が医師会と連携し、かかりつけ医の認知症診断を支援する体制がつくられています。

認知症サポート医とは

かかりつけ医への認知症診療に関する研修・助言を実施し、認知症に係る地域医療体制の中核的な役割を担う、認知症サポート医が養成されています。

認知症専門医とは

各医学会の専門的な研修を受け認定されているのが認知症専門医です。かかりつけ医と連携し、認知症の確定診断を行ったり、専門的な知識と検査に基づき治療方針を示してくれます。認知症専門医の一覧は、各医学会のホームページにも掲載されています。

「最近、これまでの自分とは何かが違う」、「これまでできていたことができなくなってしまった」、「身近な人から最近何かがおかしいと指摘される」。高齢にともなう記憶能力の低下なのか、認知症なのか―。
不安が募りながら、どうすればよいのかわからずに思い悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
認知症かもと感じたら、まずは受診することが大切です。認知症の中には適切な治療により治せるタイプもあります。

地域で認知症の専門医療が受けられる体制に

ご本人・ご家族、かかりつけ医、認知症疾患医療センター、地域包括支援センターの連携

認知症高齢者の増加を受け、国も認知症の人と家族を支える医療体制を充実させています。
近年、創設された「認知症疾患医療センター」では、身近な地域で認知症の専門医療を受診し、住み慣れた地域で安心して生活ができる環境づくりが進められています。病院に加え、認知症の本人にとって身近な地域で受診できる診療所型の認知症疾患医療センターも全国的に整備されつつあります。

認知症はタイプにより適切な対応が変わります

アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症

「認知症」と一括りにされていますが、認知症は脳の障害によりさまざまなタイプがあります。三大認知症として、最も多い「アルツハイマー型認知症」のほか、「脳血管性認知症」、「レビー小体型認知症」がよく知られています。脳の障害のタイプにより認知症の症状が違い治療法や対応が異なるため、認知症についての適切な診断が重要となるのです。

治せる認知症もあります

認知症は、さまざまな病気によっても引き起こされます。なかには原因疾患を治療することで症状を治せる認知症もあります。
例えば、脳脊髄液が脳室にたまる正常圧水頭症では、脳が圧迫されることにより認知症の症状があらわれます。しかし、脳脊髄液を抜いて圧力を下げると症状がおさまります。他にも、全身のさまざまな機能が低下する甲状腺機能障害や、脳を覆う硬膜とくも膜の間に血がたまる慢性硬膜下血種は治療することで認知症の症状がなくなることが知られています。

ページトップに戻る