認知症を地域で支える

地域のさまざまなサービス・社会資源を活用する
〜自分らしく安心して生活できる環境を整える〜

認知症になっても地域の様々なサービスや地域資源を活用することで、自分らしく安心して生活できる可能性が広がります。医療や介護などの制度だけでなく、家族会の存在や民間の生活支援サービス、地域住民による見守りもあなたの生活を支える大きな味方になります。元気なうちはサポート側にも。
認知症を支える地域づくりに参加してみてはいかがでしょう。

ページトップに戻る