認知症になると何もわからなくなってしまうのでしょうか?

そんなことはありません。
たとえ認知症になってしまっても、特に初期の段階では自分でできることがたくさんあることがわかっています。
最近は、認知症のご本人が認知症であることを明らかにし、社会的活動や啓発活動に携わる人も増えています。
こうしたご本人の声を受け、認知症の方を支える社会環境も大きく変わってきています。認知症のご本人が認知症施策の立案に参画されたり、認知症の方が主役となるスポーツ大会が開催されるなどの取り組みもはじまっています。

ページトップに戻る