わかるとかわる認知症

そもそも認知症ってなに?

はじめに

認知症になると何もわからなくなる。
自分が自分でなくなってしまう。

こうした誤解や思い込みが認知症は恐ろしい病気、不幸なこと、というイメージを生み出します。
間違った思い込みに惑わされず、認知症の本当の姿を知るためには、正しい知識を持たなければなりません。

大阪大学大学院 医学系研究科 精神医学分野 教授
池田 学

ページトップに戻る