どんな病気が原因なの?

代表的なのは3つのタイプです。

アルツハイマー型50%、レビー小体型20%、血管性15%、その他15%。出典: レビー小体型認知症サポートネットワークホームページ。

認知症の原因となる病気は様々です。原因によって、でやすい症状が異なります。最も多いアルツハイマー型認知症をはじめとする3つのタイプが、3大認知症と呼ばれています。

3大認知症の原因と症状

アルツハイマー型認知症

アミロイドベータやリン酸化タウと呼ばれる異常なたんぱく質が脳にたまり、脳が縮んでしまいます。記憶力の低下から始まることが多く、進行につれて日付や場所がわからなくなる、家事や仕事の段取りが悪くなる、などの症状が加わります。

レビー小体型認知症

脳の中に、レビー小体と呼ばれる異常なたんぱく質のかたまりがみられます。実際にはいない人や物が見える幻視、その時々による理解や感情の変動のほか、すり足歩行やぎこちない動作(パーキンソン症状)などを伴うこともあります。

血管性認知症

脳の血管の一部が詰まる脳梗塞、破れる脳出血などが原因です。ダメージを受ける脳の場所によって症状が異なります。手足のしびれや麻痺などの神経症状を伴うことが多いです。動脈硬化を防ぐことで予防できる認知症です。

監修:大阪大学 池田 学

治るタイプの認知症もあります。

特発性正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、甲状腺機能低下症などの病気が原因で認知症の症状がでている場合は、早くみつけて治療することで、もとの状態に戻る可能性があります。だからこそ早期診断が大切です。

ページトップに戻る