物忘れ(2.中等症)

アルツハイマー型認知症の中期では、初期から現れていた物忘れの症状がより強くなります。
新しいことは次から次へ忘れていきます。初期には役に立ったメモも、メモしたことやそのメモをどこへやったのかを忘れてしまうので、利用が難しくなります。
記憶が保てないため、だんだんと行動にとりとめがなくなり、家庭で自立した生活を営むことができなくなってしまいます。
レビー小体型認知症の中期では、その方によって物忘れの程度はさまざまです。
軽い方では、前日のことでもしっかり覚えていることもあります。逆に物忘れが目立つ方もおられます。
ただレビー小体型認知症の場合、記憶が良い時と悪い時の差が大きいという特徴があり(変動)、この変動を繰り返しながら徐々に悪化していきます。

対応法

規則正しい生活パターンを

規則正しい生活パターンを作り、時間割に合わせた生活を送ると、安心されます。
「いつも同じでは退屈だろう」とご家族は思われるかもしれませんが、この時期になると、変化に対応する力が低下するため、混乱しやすくなっています。
活動意欲がなくなりがちで、放っておくとだんだん何もしなくなってしまいます。これを防止する意味からも、生活パターンを確立して「物忘れはあってもきちんと暮らしていける」状態を長続きさせましょう。

悪い感情は残ります

「叱られた」「馬鹿にされた」「脅された」などの悪い記憶は、細かな内容は覚えていなくても、感情として残るものです。介護する方との人間関係が壊れてしまうと、後々まで対応が難しくなってしまいます。やりとりは難しいところもあるでしょうが、できるだけ穏やかに、にこやかに言葉をかけて、よい気分を残してあげて下さい。

真面目な顔は怖い顔

患者さんが忘れて間違ったことを言った時、ご家族は事実をわかって欲しい、わかるはずだとの気持ちから、真面目に、論理的に、熱心に訂正してしまうことがあります。早口でまくし立てるように話している時もあるかもしれません。その時のご家族の顔はどのように見えているのでしょうか。もしかしたら怖い顔に見えているかもしれません。たいした間違いでなければ大目にみる、どうしても訂正が必要な場合だけ、にこやかに、穏やかな口調で簡潔に説明してみましょう。

今の一瞬を大切に(アルツハイマー型認知症)

残念ですが、中期以降のアルツハイマー型認知症の方はおいしいものを食べても、楽しいことをしても、それを長く覚えておくことができなくなってきます。せっかく旅行に行っても、一日たつと行ったこと自体を忘れてしまいますので、周りの方ががっかりされることもあります。まさに「今この瞬間を生きている」といった状態です。
ただ、きちんとした記憶は残らなくても、楽しかったという幸福感は残ると思われます。介護する方は、覚えておいてもらえることをあまり期待せず、その時その時を気持ちよく過ごしてもらえるように考えを切り替えてみて下さい。

「食べていない」と言い張る時(アルツハイマー型認知症)

食事を済ましてからも「食べていない」と言い張り、何度も食事を要求される方がいらっしゃいます。「今食べたでしょう」と言っても、ご本人に食事の記憶がなく、ひどい時には「嫁が食べさせてくれない」と近所に訴えるような事態になってしまいます。
「今準備をしていますから、お茶でも飲んで待っていて下さい」と気をそらすことは有効です。食事の後片付けをしばらくしないで、そのまま皆で団らんすると食事の記憶がとどまりやすいように思います。