レビー小体型認知症介護ガイドブック

誰でも年齢とともに、もの覚えが悪くなったり、人の名前が思い出せなくなったりします。こうした「もの忘れ」は脳の老化によるものです。認知症は「もの忘れ」とは違います。認知症は何らかの病気によって脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態をいい、認知症を起こす病気の種類はおおよそ70くらいといわれています。

認知症の代表が、アルツハイマー型認知症で認知症の人の約半数を占めます。次に多いのがレビー小体型認知症(DLB)で約20%といわれております。

レビー小体型認知症は、認知機能の変動・幻視・パーキンソン症状・レム睡眠行動障害などの症状が特徴的で初期にはもの忘れなどの記憶障害は目立たず認知症とみなされないこともしばしばあります。いろいろな症状があらわれるほか、経過にともない目立つ症状が変わっていきますので診断や治療だけでなく、介護も容易ではありません。

しかし、レビー小体型認知症の特徴を十分に知れば、介護や対応方法、そのためのヒントや工夫が必ず見つかります。ぜひ、このガイドブックが日ごろの介護の一助になれば光栄です。

横浜市立大学 名誉教授 小阪憲司