幻視・見まちがい・妄想

レビー小体型認知症の人にみられる特徴的な症状として、見えないものが見えたり、見たものが違うものに見えたりする「錯視(さくし)」があげられます。また、それに伴い妄想や作話などが起こる場合もあります。
これらの症状の原因は、頭の後ろ側(後頭葉)の血流が悪くなることが関係しているといわれています。

幻視:見えないものが見える

実際にはないものが、本人には実在するものとして「ありあり」と見える(幻視)、これはレビー小体型認知症の特徴的な症状です。見えるものは人により異なりますが、虫や小動物、人などが多く、動きを伴います。「あそこにいる」などと、暗い場所や隙間を指すこともあります。
そのほか、聞こえるはずのない音が聞こえる「幻聴」や、「人がいる気配」を感じることも少なくありません。

アルツハイマー型認知症とはちがい、もの忘れが軽い人が多く、後になっても見えたものの様子を正確に覚えていることがよくあります。

幻視

見まちがい

レビー小体型認知症で多くみられる症状に、見まちがい(錯視:さくし)などの錯覚があります。目に入ったものをちがうものとして感じたり、また、周囲のものがゆがんだり、曲がって見える(変形視)こともあります。日常の暮らしの中でも見まちがいはありますが、レビー小体型認知症の人では、それが強く頻繁にあらわれることがあります。

見まちがい

幻視や見まちがいの例

妄 想

アルツハイマー型認知症の妄想はもの忘れを原因とした被害妄想がよくみられます。レビー小体型認知症では、幻視や見まちがいによる思いちがいが多くあらわれます。たとえば、「ハエがたくさん飛んでいるのが見え自分にまとわりついてくる」、「男が何人か来て、この家を乗っ取ろうとしているに違いない」などです。また、「夫が見知らぬ女性と仲良くしている」など、嫉妬妄想もみられることがあります。

幻視・見まちがいへの対応

室内環境を整えましょう

幻視や見まちがいは、室内の環境が関係することが多いため、室内の環境を見直しましょう。なかでも室内の照明は大切です。見まちがいは暗い場所でおこりやすいため、室内の明るさを統一し、影をつくらないことで、幻視や見まちがいを減らす助けになります。また、壁に洋服をかけない、周囲から目立つものは置かない、壁紙の模様をシンプルなものに変えるなどの工夫も効果的です。

環境

安心できるような対応を!!

幻視はご本人にとって現実的に見えています。まず、「否定しない、肯定しない」の基本姿勢のもと、そのことを理解し、受け入れることが大切です。「何も見えない」「錯覚だ」などと強く否定したり、感情的な対応はご本人が混乱するだけではなく「妄想」へ発展することもあります。見えるものによっては恐怖を感じることもあるかもしれません。ご本人の感情を理解した上で安心していただけるよう対応しましょう。また、多くの幻視は近づいたり触ったりすると消えてしまいます。ご本人や介護者が近寄り、触ってみるのも良い方法です。

安心

妄想への対応

妄想はご本人の思い込みが強いため周囲の言葉で理解してもらうのはとても困難です。妄想はイライラや怒りをともなうことが多いため、言葉ではなく、優しく手を握ったり、どのような気持ちか聞いてあげると、心が落ち着く場合もあります。
また、家族や介護者が妄想の対象となった場合には、無理に関わらず、少し距離をとることで、妄想が軽くなることもあります。見過ごせない行為に発展する場合は、危険を避ける対策をとると同時に、医師への相談も考慮します。