自律神経症状
(起立性低血圧・めまい・体温調節障害・頻尿)

レビー小体型認知症では、脳の中にレビー小体という物質がみられますが、脳のほかにも心臓や食道などの自律神経にもあらわれます。

自律神経には、血管を収縮させ血圧や脈拍を上げる「交感神経」と、血管を広げ血圧や脈拍を下げる「副交感神経」の2つがあり、身体のバランスを保っています。自律神経症状では、レビー小体の影響により自律神経がうまく働かず、さまざまな不調があらわれます。

自律神経症状であらわれやすい変化

レビー小体型認知症では、これらの症状のうち1つ以上、ときには多数の症状をあわせ持つことがあります。

起立性低血圧に注意しましょう

自律神経症状で多くみられるのが、起立性低血圧です。これは、起き上がったり、立ち上がったりしたときに、急な血圧低下による「立ちくらみ」をひきおこし、転倒や失神の危険があります。起立性低血圧は自律神経がうまく働かないため、心臓が十分な血液を送れないことが原因です。さらに高齢者では筋力がおとろえているため、より注意が必要です。

対応

起き上るときには、体の向きを変えながら、ゆっくりと時間をかけて行いましょう。起き上ったらその場で脚の上げ下げや、足踏みを行うのも効果的です。また、食後にも低血圧をおこしやすいため注意しましょう。

めまい

主なめまいの症状として、身体や足元がぐるぐると回るように感じる「回転性めまい」と、身体がふわふわと揺れているように感じる「浮動性めまい」があります。レビー小体型認知症の人では、自律神経障害( 起立性低血圧など)が原因と考えられる浮動性めまいが多くみられます。

対応

起きあがったり、立ちあがった時に「めまい」を感じたら転倒を防止するためすぐに歩いたりしないで、しばらく様子をみてから動くようにするように心がけていただきましょう。浮動性めまいは、数分で治まることも少なくありません。

体温の調節が困難に…

レビー小体型認知症では、体温の調節がうまくいかず、多汗や寝汗などの発汗障害がおこることがあります。また、皮膚の血管が広がるために低体温症になり、免疫機能や代謝機能の働きが弱くなります。低体温症は「手足の冷え」としてあらわれます。

対応

「手足の冷え」には入浴や足浴・手浴を行います。入浴は心身をリラックスさせ、自律神経の働きを整える効果が期待できます。室内の温度や湿度の調節も大切です。適切で快適な室温を心がけ、また、居室とトイレなど別の部屋との温度変化を少なくしましょう。

排泄にまつわる症状

 便秘や頻尿・尿失禁などが非常に多くみられます。便秘がひどくなると、腸閉そくを起こしたり、幻視や妄想、抑うつなどの症状が強くなることもあります。

対応

1日10回以上の排尿を「頻尿」としますが、頻尿・尿失禁の対策のため、水分をひかえるのは良くありません。高齢者では脱水症状を起こしやすいため、適度の水分をとる必要があります。