レム睡眠行動障害
(悪夢で大きな寝言)

レビー小体型認知症では、睡眠中に大きな声での寝言、奇声を上げる、怒る、怖がる、暴れるなどの行動がみられます。これは、追いかけられる、暴力をふるわれるなど、悪夢を見ている場合がほとんどです。

レビー小体型認知症の最初の症状として、レム睡眠行動障害があらわれたという人が少なくありません。これは、レム睡眠行動障害が、レビー小体型認知症を発症する可能性を示しているともいえます。

また、多くの場合、中期以降にレム睡眠行動障害はみられなくなります。

【レム睡眠とは】
睡眠は、その深さや状態から、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」に区別されています。 レム睡眠では脳が活動しているため、まぶたの下で眼球がキョロキョロと動きます。夢をみるのは、多くの場合にレム睡眠の状態です。
レム睡眠では、手足の筋肉は休んでいて力が入らないようになっています。その為、健康な方では夢を見ても、夢の通りに動き回ってしまうことはありません。ノンレム睡眠では、脳が休んでいる状態で、眼球の動きはおだやかです。
レム睡眠行動障害への対応

危険がなければ見守りましょう

就寝してから約90分後に最初のレム睡眠がおとずれます。このときに大きな寝言や奇声、体を寝ながら大きく動かすなどがみられることがありますが、おおよそ10分以内に治まるため、危険な行動がなければ見守りましょう。

朝方のレム睡眠は長く続くことが多いため、10分以上待っても治まらなければ、部屋を明るくしたり、目覚まし時計を鳴らすなど、自然に目を覚ますように働きかけます。身体をゆすって急に起こしてはいけません。強い刺激によって、悪夢と現実が混同し、興奮してしまうことがあります。

睡眠の質を整える

日中に不安や嫌なことがあると、悪夢を見やすくなります。
怖いテレビを見るのは避けるなど日中は安心し、おだやかに過ごせるように心がけましょう。また、夜にぐっすり眠るために身体を積極的に動かすことや、昼夜のリズムを規則正しく整えることも大切です。

風邪や発熱、脱水なども悪夢の原因となるため、健康管理に注意しましょう。