NPO町田市つながりの開 『DAYS BLG!』

自分に合った仕事を選び、仲間と過ごし、
社会とつながるデイサービス。

NPO町田市つながりの開 DAYS BLG!

『DAYS BLG!』(以下、BLG!)は、東京都の『NPO町田市つながりの開(かい)』(前田隆行理事長)が運営する地域密着型通所介護事業所、いわゆるデイサービスです。メンバーさんの「はたらきたい」「仲間がほしい」「社会とつながっていたい」といった思いをカタチにする場であり、対価を得る仕事を企業から受注し、希望者に働き手になってもらっています。そんなBLG!のある1日を紹介します。

BLG!では“利用者”と“スタッフ”という線引きをせず、そこに集う人すべてを“メンバー”と呼びます。1日の利用定員は10名。2020年3月現在、登録メンバーは50~90代の20数名で、大半は認知症がある人です。

前田隆行理事長のインタビューはこちら

取材:2020年2月10日 DAYS BLG!(東京)

DAYS BLG! ある1日の活動

民家の一階を借りて運営しているDAYS!
民家の1階がDAYS BLG!

東急こどもの国線こどもの国駅から徒歩10分ほどの閑静な住宅街。BLG!は民家の1階を借りて運営されています。

10時前後

BLG!の2台の送迎車でメンバーさんたちが到着。道路工事のため、いつもより30分ほど遅くなりました。お茶を飲み(メンバーさん自身がお茶出しを担当)、スタッフと一緒に血圧と体温をチェック。

10時20分

ミーティング開始。スタッフが、今日の午前中の活動(①こどもの国のベンチ拭き、②銀行で仕事の謝礼金の両替)が書かれた手持ちのホワイトボードを示し、メンバーさん一人一人に何がしたいか尋ねていきます。この日は快晴だったためか、こどもの国のベンチ拭きが人気でした。このように、メンバーさん自身に活動を選択してもらうのがBLG!の特徴。昼食も、自分たちの食べたいものを選びます。この日は、①カラオケボックスで弁当、②外食、③BLG!内でした。

11時

車で10分ほどのこどもの国に到着。多摩丘陵の雑木林をそのまま生かした広大な園内を移動しながら、「これ寒桜かな。もうすぐ咲きそうだ」と自然を楽しみます。11時10分、ベンチ拭きスタート。小さな子どもを連れたお母さんから「ありがとうございます」と声がかかります。30分ほどで今日のベンチ拭きは終了。

子どもたちのはしゃぎ声が響く園内でベンチを拭くメンバーさん
子どもたちのはしゃぎ声が響く園内でのベンチ拭き。
ひと仕事を終え、BLG!に戻るメンバーさん
ひと仕事を終えた充実感。高台から元気に飛び降りる男の子を見て、メンバーさんから「おおっ!」「すごい!」と声が上がる場面も。

12時過ぎ

一仕事終え、カラオケ・ランチで楽しむメンバーさん
「カラオケやってると心が通じ合うんですよ。飾らないで」

いったんBLG!に戻り、昼食へ。カラオケ・ランチを選択したメンバーさん5名、スタッフ1名に同行しました。つぐない(テレサ・テン)、北の旅人(石原裕次郎)、おまえに(フランク永井)、みだれ髪(美空ひばり)……。冗談を飛ばし合いながら、各自熱唱。隣に座ったメンバーさんが、「うまいでしょう。元歌手っていうのが何人もいますよ(笑)」。みんなで、見上げてごらん夜の空を(坂本九)を合唱し、1時間弱でカラオケ終了。

13時50分

コーヒータイムの後に午後のミーティング。ホワイトボードには、①「Hondaの洗車」(ホンダカーズ東京中央・町田東店で展示車の洗車)、②「ショッパー(フリーペーパー)折込」、と書かれています。最初、折り込みを選んだメンバーさんが、別のメンバーさんとスタッフの「どっちでもいいですよ」「だったら人手がほしいのは洗車かな」というやりとりを聞いて、「私も洗車でもいいですよ」。最終的に6人が洗車チームとなりました。

14時30分

ホンダカーズ東京中央・町田東店に到着。スタッフの声を待つまでもなくメンバーさんがバケツに水をくみ、展示車の天井を拭くための台を取りに行きます。この日は、スタッフがホースで展示車5台に水をかけると、タオル拭き開始。ワイパー周りやホイールの溝も丁寧に清掃します。メンバーさんは車好きの世代。Honda社員から、「車に対する愛情を新入社員に見習わせたい」と感心されたそうです。25分ほどで拭き作業終了。

展示車の洗車を行うメンバーさん
細かいところまでしっかり洗車を行うメンバーさん
「こういうところに埃がたまるんだよ」と細かい部分も丁寧に。

(そのころBLG!では)並んでフリーペーパーの折り込みをする男性二人。「引き受けたからにはいい加減にはできないですよ」。海外駐在が長かった元総合商社マンと、多くの特許取得に携わった元エンジニア。職種は違えど、共にアメリカに追いつけ追い越せと奮闘してきました。気の合う会話からお互いへのリスペクトを感じます。

16時

お茶とお菓子をとった後に「本日の振り返り」。どんな活動をしたか記憶に残っていない人もいますが、スタッフが「こどもの国に行きましたね。子どもが多かったですね」と話しかけ、今日1日どうだったか尋ねると、「楽しかった」「ここがあって良かったです」「疲れました」とみなさん充実感や心地良い疲労感を口にします。

お茶とお菓子をとった後、一日の振り返りを行うDAYSメンバー
一人一人、1日を振り返り、「楽しかった」という思いを胸に帰途につきます。
DAYS内の駄菓子屋に来店する地域の子どもたち
振り返りの最中、BLG!の一角で営んでいる駄菓子屋に地域の子どもたちが来店してくれました。メンバーさんが「いつもありがとう」と応対します。 

16時30分

一日を終え、自分たちで選んだ送迎者で帰路につく
帰宅送迎。2台の送迎車もメンバーさんたちが話し合って車種を決めました。

1人のメンバーさんのかけ声による1本締めで、本日の活動終了。

インタビューに答えるメンバーさん
メンバーさん(70歳)

ここに来るのは楽しいですよ。最初に来た時は緊張したけれど、それを和らげるように先輩たちが話しかけてくれて、1週間もしたら仲間同士でどんどんしゃべれるようになりました。 今日みたいに公園(こどもの国)に行くでしょう。そうすると私のことを覚えていてくれたのか、小さな子が「ああおじさん、こんにちは」と声をかけくれたりするんです。「こんにちは、よく来てるね。今日はお父さんと一緒?」と聞くと「うん一緒」と言って、お父さんが挨拶に来たり。おもしろいですよ。私は仕事であそこに行ってるんで、人気のある公園にしてあげたいですね。

NPO 町田市つながりの開 DAYS BLG!(デイズビーエルジー)

DAYS BLG!の名称の由来は、DAYS(日々、毎日)とBarriers(障害)、Life(生活)、Gathering(集う場)の頭文字、そして!(感嘆符、発信)。「日々の生活場面で生き難いと思う社会環境が障害であり、その障害を感じている人たちが集い発信していくことで、生活しやすい社会をつくっていこう」という意味が込められています。

〒194-0043 東京都 町田市成瀬台3-15-19

TEL:042-860-6469

TEL:042-860-6469

FAX:042-860-6769

ページトップに戻る