仕事をすることが目的ではなく、仲間と一緒に活動することに価値があります。

前田隆行さん
NPO町田市つながりの開 理事長
100BLG株式会社 代表取締役/CEO

新しいデイサービスとして、国内はもとより海外からの見学者も多い『DAYS BLG!』(以下、BLG!)』。運営元である『NPO町田市つながりの開(かい)』の前田隆行理事長に、BLG!開設の背景、一般のデイサービスとの違い、今後の展開などを聞きました。

ある1日の活動紹介はこちら

取材:2020年2月14日 エーザイ小石川ナレッジセンター(東京)

まずBLG!を立ち上げた経緯を教えてください。

BLG!について語る NPO町田市つながりの開 理事長 前田隆行さん

私が以前、社会福祉法人のデイサービスの管理者をしていた時、50代後半の男性が見学に来られました。その人は「働きたい」という思いが強かったので、法人が賃貸していた古民家の改修を一緒に始めたところ、「こういうことがしたかった」と喜んでもらえたんです。

その後、一緒に働くデイサービスの人が増え、古民家の改修は終了。次の仕事をということで、デイサービスが焼き芋をするために準備しておいた薪を「半分に切りましょう」と本人たちに提案しました。そうしたら「このままでいいんじゃねえか」と。おっしゃる通り。無理矢理つくった仕事です。

それからは“本物の仕事”を探しました。法人内では限界があるので地域に目を向け、保育園に声をかけたら、用務の仕事が受注できました。プール掃除をしたり、砂場の固まった砂をほぐして消毒したり──。細々した作業ですが、保育園ではなかなか手が回らず、「ぜひお願いします」ということでした。“本物の仕事”だったんです。本人たちからも「こういうことを求めていたんだよ」という声が聞かれ、ああ良かったと思ったのも束の間、今度は「対価がほしい」と言われました。わずかでも対価を得ることで、自分の仕事が評価されたという達成感を持ちたいと。当たり前のことです。

でも当時は、介護保険サービスの利用中に仕事をして対価を得ることは想定されていませんでした。そこで本人たちと一緒に厚生労働省に何度も出向き、「なぜダメなのか」と直談判です。5年間交渉を重ね、ようやく2011年4月、有償ボランティアとして謝礼の受け取りを認める通知が出ました。私は自分自身でこの通知を実行するため、2012年6月に『NPO町田市つながりの開』を立ち上げ、2カ月後にBLG!を開設したんです。

「働きたい」「求められる仕事がしたい」「対価がほしい」という本人の思いに応えてきたわけですね。

仕事があればいいというものでもないんですよ。BLG!がそうしているように、ある程度の選択肢が用意され、その中から本人が選べなければダメだと思うんです。「今日は外に出る仕事はちょっとなあ」という人に、「これしかないのでやってください」では、本人たちに“やらされている感”が生まれてしまいます。

よく言われるような、「本人に役割を“与える”」という考え方とも違うようですね。

役割を与えるという視点だと、“ケアする側”と“ケアされる側”がはっきりと線引きされてしまいます。BLG!は「役割は後から本人に見つけてもらう」というスタンスです。最初はいろいろな活動に参加してもらい、自分に合うものを見つけてもらう。その仕事を通して、「自分は役に立ってる」と思えるような仕組みをつくっていきます。

車の洗車をするメンバーさん

仕組みとは何かというと、はたから見て本人が希望する仕事が難しくなってきた時、その仕事を奪うのではなく、どうしたら続けられるだろうと考えます。たとえば洗車が難しいのは、拭く場所を認識しづらくなったのか、それとも体の動きが悪くなって車体の下の方を拭きにくくなったのか──。作業が難しくなったポイントを洗い出し、そこは他のメンバーにサポートしてもらうなり、代わってもらうなりして、仲間で一つの仕事を成し遂げる。仲間と一緒なら、自分もまだ役に立てるんだという実感を持ってもらう。そういう仕組みがあるから、要介護度5の人も本人の希望がある時は洗車に参加してもらっています。

メンバーさんの働くモチベーションはどこから来るのでしょう。

たとえば誰も洗車を希望しない日もあるんです。そういう時には「誰もいないなら俺が行くか」と言う人が現れます。すると「なんだ、お前行くのか。じゃあ俺もやるか」と別の一人が声を上げ、「俺も」「俺も」とあっという間に5~6人のグループができてしまう。「仲間一人に任せるのは忍びない」という、至って自然な気持ちの動きが生まれるんですね。

本人たちはお金を稼ぐことはあまり重要視していません。それよりも仲間と一緒に活動すること、仲間と過ごす時間に価値があるんです。共に働くことで、仲間意識はさらに強くなります。

「仲間意識」というのがBLG!の重要なキーワードのようですね。

車の洗車をするメンバーさん

一般的なデイサービスだと、本人たちの会話の相手はほぼスタッフです。でもBLG!では本人同士が普通に会話をしています。「母ちゃんからこんなこと言われてよ」とか「こんな失敗をしたんだ。でもこうして助けてもらったんだよな」というように。ここでは弱い部分をみんなで共有し合い、助け合う。心を開いて素の自分でいられる。そうした空気感が仲間意識の背景にあるんだと思います。

メンバーの方々は口々にBLG!に来ることが「楽しい」と話していました。

仲間と活動するメンバーさん

おそらく認知症と診断されてから、楽しいという気持ち、楽しいと感じる時間を失っていたのでしょう。仕事一辺倒できた人が、自信を失い、つながりがあった人たちとの縁も切れてしまう。「年賀状が届かなくなる」と言うんですよ。そうした失った気持ち、失った時間がBLG!に来ることで回復していく。その過程で仲間もできる。どんな活動をしたかは忘れてしまっても、「仲間と活動することが楽しい」という気持ちは毎回上書きされているのではないでしょうか。

現在、全国にBLG!を100カ所つくろうという活動を進めていますね。

新潟に住む認知症の人から電話をいただいたことがあるんです。「そこに通いたい。新幹線代は気にしなくていい」と。でもそれはどうなんだろう。暮らしている地域にBLG!のような場がないことが問題なんじゃないかと思いました。静岡などからも来たいという連絡がありましたし、このような場を求める人は全国にたくさんいます。その人たちの思いをカタチにするために、全国に100カ所の拠点を設ける動きを進めているところです。それは、事業所の拠点ということもありますが、学び合いを共有していくプラットフォームという色合いが強いです。

厚生労働省との5年間に及ぶ交渉。HONDAから洗車の仕事を得るまでの1年半の営業活動。本人の思いの実現に向けて前田さんを突き動かすものは何かと聞くと、「本人と同化してしまうんです」。BLG!のメンバーの一人が町田市外の病院で、認知症があるために全身拘束されたと聞いた時には、悔しさのあまりその場で大号泣したそうです。

ページトップに戻る