認知症について知っておきたい基礎知識

知っていますか?認知症のこと

認知症は何かの病気によって起こる
症状や状態の総称です。
老化によるもの忘れと認知症はちがいます。

誰でも年齢とともに、もの覚えがわるくなったり、人の名前が思い出せなくなったりします。こうした「もの忘れ」は脳の老化によるものです。しかし、認知症は「老化によるもの忘れ」とは違います。認知症は、何かの病気によって脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態をいいます。そして認知症が進行すると、だんだんと理解する力や判断する力がなくなって、社会生活や日常生活に支障が出てくるようになります。

老化によるもの忘れと認知症のちがい

老化によるもの忘れと認知症のちがい

認知症のほとんどを占める、三大認知症

認知症のうち、およそ半数はアルツハイマー型認知症です。次に多いのがレビー小体型認知症、そして血管性認知症と続きます。これらは「三大認知症」といわれ、全体の約85%を占めています。残りの15%の認知症の中には、下で説明している治るタイプの認知症などがあります。

出典:レビー小体型認知症サポートネットワークホームページ

認知症は治らない?いいえ、治るタイプもあります。

認知症の症状があっても、もとの病気を治療すると治ることもあります。こうした病気を早く見つけて早く治療を始めるためにも、認知症かな?と思ったら、早めに専門医を受診することが大切です。

治るタイプの認知症

正常圧水頭症(せいじょうあつすいとうしょう) 脳脊髄液(のうせきずいえき)が脳室に過剰にたまり、脳を圧迫します。 慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ) 頭をぶつけたりしたときに頭蓋骨と脳の間に血の固まりができ、それが脳を圧迫します。

その他、脳腫瘍、甲状腺機能低下症、栄養障害、薬物やアルコールに関連するものなど

早わかり三大認知症

アルツハイマー型認知症レビー小体型認知症血管性認知症それぞれの特徴を一覧表で比較しました。「認知症かしら?」と思った時の参考にしてください。

三大認知症のそれぞれの特徴

三大認知症のそれぞれの特徴

監修
横浜市立大学 名誉教授 小阪憲司
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 教授 水上勝義

三大認知症ページについて

ページトップに戻る