認知症について知ろう(種類・違い)

監修:東京慈恵会医科大学
精神医学講座 教授 繁田 雅弘

知っていますか?認知症のこと

認知症は特定の病名ではありません。何らかの病気や障害によって脳の働きが悪くなり、もの忘れや日常生活や仕事に支障をきたすようになった状態のことをいいます。最近は、生活や仕事に支障をきたさないような軽い症状でも軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)など早期診断がなされるようになりました。
年を取れば誰もが物覚えが悪くなったり、人の名前を忘れてしまったりすることがあります。これらは脳の老化によるものです。しかし、認知症によるもの忘れは脳の神経細胞が壊れてしまうことなどによるもので、老化とは異なります。認知症の場合、進行すると、体験したことをまるごと忘れてしまい、ヒントがあっても思い出すことができなくなります。

老化によるもの忘れと認知症の違い

65歳以上の約7人に1人は認知症でした(推計)

厚生労働省研究班の大規模研究によれば2012年時点の65歳以上の認知症の有病率は15%、全国の認知症の人の数は約462万人と推計されました。認知症を発症する前段階とされるMCIの人は、約400万人と推計されています。
その後行われた全国8地域における約1万人の大規模コホート研究によれば、2018年時点で高齢者の約7人に1人が認知症でした。高齢化が進む中、認知症の人の数は今後も増加していくと見込まれています。2025年には675~730万人まで増え、高齢者の約5人に1人が認知症になると予測されています。

こんな症状がみられます

認知症の症状は「認知機能低下」と「行動・心理症状:BPSD」に分かれます。
認知機能低下は、神経細胞が壊れるなどの脳の変化にともなって生じる記憶障害や理解、判断力の低下などの症状です。もの忘れだけが認知症の症状ではないのです。
行動・心理症状は、認知機能低下に本人の性格や周囲の環境、人間関係などさまざまな要因が作用して起こる不安や焦燥、徘徊など心理面、行動面の症状のことをいいます。

認知機能低下

▶記憶(記憶障害)
さっき話したことを忘れて、何度も同じ話を繰り返したり、物をしまった場所や約束を忘れたりします。火の消し忘れ、薬の飲み忘れなどのリスクもあります。

▶注意(注意障害)
注意力や集中力が低下し、同時に2つのことがしづらくなったり、会話についていけなくなります。

▶言葉(言語障害/理解力の低下)
適切な言葉が出にくくなったり、相手の話が理解できなくなったりします。

▶日付・場所(見当識障害)
今がいつなのか、ここがどこなのかわからなくなることがあります。

▶段取り(実行機能障害)
ものごとを計画し、順序だてて実行することが苦手になり、家事や仕事の段取りが悪くなります。

行動・心理症状

症状はとても多彩です。ただし、どのような症状が起きるかは認知症の原因や本人の性格、人となり、周囲の環境などによって変わってきます。

▶行動・心理症状の一部
暴言・暴力:感情のコントロールがしづらくなり怒りや衝動を抑えられない
無為・無関心:やる気がおきず、当たり前に行っていた習慣すら面倒くさくなってしまう
不安・うつ:できないことが増え自信を失い、気分が落ち込み、うつ状態になってしまう
妄想:お金への執着が強くなり、家族が財産を狙っているといった妄想が生じてしまう
徘徊:今いる場所がわからなくなる不安などから、外出して目的なく歩き回ってしまう
睡眠障害:体内時計の狂いから、寝つきが悪くなったり、朝早く目覚めてしまったりする
幻覚・幻聴:周囲の人に見えていないものが見えたり、聞こえない音が聞こえたりする

行動心理症状以外に、せん妄などの意識障害が起こり、認知機能の変動や幻覚が見られることもあります。

主な認知症の特徴

認知症を引き起こす病気の種類(原因)によって、あらわれる症状などが異なります。

この記事を共有する

ページトップに戻る