小学生・中高生向け認知症教材

小学生および中高生を対象に、認知症を正しく理解し、認知症の人の気持ちや接し方について考えるための教材を作成しています。
下欄より、動画のご視聴、およびテキストをダウンロードいただけます。
現在、DVDのお取り扱いはございません。

小学生・中高生向け認知症教材
  • 製品情報
  • 特徴・使い方

本教材は学校授業1時限で行うことも想定し、小学生向け・中高生向けのテキスト、指導用手引書(各2種類)と動画の5種類で構成されています。

(監修:医療法人社団翠会和光病院 院長 今井 幸充)

  1. 動画教材「おばあちゃんが家に来た~認知症って?~」 (共通)厚生労働省社会保障審議会推薦(児童福祉文化財)
  2. 小学生向けテキスト「知ってる? 認知症 考えよう! 自分にできること」 (B5版12ぺージ)
  3. 中高生向けテキスト「みんなで支える 認知症を知ろう、考えよう」 (B5版12ぺージ)
  4. 小学生向け指導用手引書 (A4版8ページ)
  5. 中高生向け指導用手引書 (A4版8ページ)

特徴

動画教材
認知症を発症した祖母をめぐる家族の物語を実写ドラマとして描き、認知症の人の気持ちや認知症の人への接し方などを学べる内容になっています。
テキスト
動画のあらすじに加え、高齢化社会や認知症に関する基礎知識と認知症の人への接し方のポイントが記載されており、授業やグループワークで活用することが可能です。
指導用手引書
授業の展開案、質疑応答案、参考資料およびグループワークで活用できるワークシートを掲載しています。

使い方

  1. 小学校、中学・高校での総合学習や道徳の授業など
  2. 自治体の認知症啓発イベントや「認知症キッズサポーター養成講座」
  3. 医療機関、保険薬局、介護事業者のスタッフ研修や地域向けのイベントなど

認知症を知り、認知症の人の気持ちや接し方を考えることができる教材です

核家族化の進行により、認知症の当事者に接する機会の少ない児童や生徒が増えています。
学校教育の場などで認知症について学び、当事者の気持ちや接し方を皆で考えることは、高齢化社会が進行する現代においてたいへん重要なことと考え、2017年12月に教材を制作いたしました。

動画 (小学生向け、中高生向け共通)

ドラマ「おばあちゃんが家に来た」厚生労働省社会保障審議会推薦(児童福祉文化財)

実写ドラマ形式で認知症のおばあさんをめぐる家族の物語です(約18分)動画をダウンロード(278MB)
認知症の人の行動を描写し、どう接したらよいか考えることができる内容になっています。

児童・生徒用テキスト

授業やグループワークに使用するほか、復習用の持ち帰り教材として使用することもできます。巻末に付録として、動画のあらすじも付属しています。(B5サイズ)

児童用テキスト(小学生向け)

児童用テキスト(小学生向け)

中身を見る

生徒用テキスト(中高生向け)

生徒用テキスト(中高生向け)

中身を見る

指導用手引書

動画とテキストを使用した授業の展開案、動画の解説、ワークシート、認知症の基礎知識から構成されています。(A4サイズ)現在、DVDのお取り扱いはございません。動画ダウンロードをご活用ください。

指導用手引書(小学生向け)

指導用手引書(小学生向け)

中身を見る

指導用手引書(中高生向け)

指導用手引書(中高生向け)

中身を見る

認知症教材の活用事例

指導用手引書(小学生向け)

中学校での認知症サポーター養成講座の補助教材として

指導用手引書(小学生向け)

自治体の健康イベントでのDVD上映

指導用手引書(中高生向け)

病院祭での認知症講座の開催

ページトップに戻る