歩行障害

歩幅が小さくなる(小刻み歩行)、幅広歩行などの「歩行障害」から始まります。

歩行障害への対応

転倒を予防しましょう。転倒を防ぐためには、日常生活のなかで、イスからの立ち上がりや階段の上り下りなどの動作には特に注意が必要です。段差をなくしたり、手すりをつけたり、家の中にも危険がないか、見直してみましょう。

ページトップに戻る