言語障害

症状が進むと、内容のある話ができない、相⼿の⾔葉をオウム返しで⾔う、⾔葉が出ない等、さまざまな⾔語障害があらわれます。また、前頭側頭型認知症の⼀つである意味性認知症は早期から⾔葉の意味がわかりにくくなります。

言語障害への対応

医療機関で言語聴覚士などからリハビリ治療を受けることができますが、ご家庭でもリハビリはできます。「おはよう」「いただきます」などの簡単なあいさつや、ゆっくりとした日常の会話から始めるとよいでしょう。言葉をカードに書いておいて、言いたいことをカードで伝えるという方法もあります。

ページトップに戻る